メラニン色素は、強い紫外線などの外敵からお肌の深部を保護することを考えて生成されます。一般的に、お肌の老廃物というのは新陳代謝の力で徐々に表層に押し上げられ、そのうち垢として放出されるのです。
乱れなどによってターンオーバーが遅れると、シミが出てきて留まってしまうのということです。
メラニンが過度に作り出されることから生じます。しみは、ターンオーバーの異常に伴って発生するものなのです。

シミができる原因は複数ある

  • 紫外線

強い陽射しにさらされると、強い紫外線が入り込んで、細胞を防御する作用で、メラノサイトに刺激をあたえてメラニン色素を生み出す物質が活発化するのです。
普段は、紫外線を受け無くなるとメラニン色素は生成されなくなるのです。その後素肌のターンオーバーによって元の肌色にもどります。ターンオーバーのサイクルが、遅れりアンバランスになったりしてしまうのです。
通常であればターンオーバーによって除去できることになっているメラニン色素が、素肌の深層に取り残されたままシミとなります。

  • ストレス

強力なストレスに晒されることからホルモンバランスが異常になり肌の新陳代謝が異常になります。ストレスが多いことから活性酸素の量も増加してシミが乱れが生じやすくなってしまいます。

  • タバコの喫煙

煙草を吸うと身体の中に活性酸素が増加してビタミンCを崩壊させてしまうためあっという間に肌の加齢を促してメラノサイトが活発化した状態となってしまうことになってシミを発症させます。
喫煙が原因で血管は縮み血の流れが悪化してお肌の老化現象を起こします。

シミを予防する為にできること

シミを予防するには、あらゆる負担からお肌を守り状態を健康に保つ事が重要です。

  • 紫外線対策

強い紫外線がお肌の深くに浸透しやすい環境の中でお肌のターンオーバーも悪化して、正しいターンオーバーの周期がスローペースになって、シミができやすくなってしまいます。
日焼け止めを塗ってムラの無いように顔や首、腕等均一に塗布することが大切です。紫外線をガードすれば、従来のターンオーバーによりシミは見えなくなっていくということなのです。

  • 保湿ケア

潤い対策を行う事により、肌のターンオーバーの正常化、メラニンの過度な発生を阻止します。肌も潤いが無くなると、硬くなった不要な角質層がとどまりがちになってしまいます。
肌に負担を与えないために力を入れないで、肌の新陳代謝を促進するといった感じのケアをしましょう。

  • バランスの良い食事と睡眠

ビタミンC・Eを野菜・フルーツや、抗酸化力のあるポリフェノールというものをいっぱい含有する食べ物を摂り入れるようにしましょう。
質の良い眠りに就くことで肌トラブルを回復させる成長ホルモンの分泌を促進させます。