肌質はおおまかに分けると乾燥肌・普通肌・混合肌・脂性肌の4タイプに区分する事ができるのです。
肌質は食習慣やストレスといったものが関連して考えている以上に左右しているのです。シーズンが変わると合わせて、肌質も徐々に変わっていくのです。

肌質の種類

  • 脂性肌

顔が脂性で、額とか鼻周辺は際立ってテカリやすい肌の人は、皮脂が過敏に分泌されており、ニキビなどといった肌の不調を生じさせます。
多すぎの皮脂はニキビとか肌の不調が発生する原因になるので、不要の皮脂をきちんと取り除くことが不可欠です。オイリー肌というようにもいいます。

  • 乾燥肌

お肌の潤い量が僅かで、お肌の潤いがなくなったり、風呂あがりに粉をふいるなど、お肌のうるおい持続ゼロのの状況で皮脂の分泌量も少ない状態。
カサカサ肌が悪くなると、角質が次々に剥がれ落ちてお肌のバリアーシステムがもろくなり、敏感肌に変化します。秋のシーズンから冬のシーズンと、空気が乾ききっている時期に発生しやすいと言えます。
アンバランスになるとお肌のバリア機能が衰え、ちょっとしたストレスだって反応することになるため敏感肌の要因となってしまうのです。
乾燥をブロックすることにより、油分と水分のどちらもを供給し、保湿力とバリヤ機能を引き出すことが欠かせません。

  • 混合肌

混合肌というものは、ひとつの顔に脂性肌と乾燥肌のどちらとも見られている状態なのです。潤いがなくなっていたりとか、脂性とか、顔のゾーンによって肌の状態が異なるというタイプでです。
Tゾーンは脂ギッシュなのに口元とか顎周辺はカサつきといった状況です。

  • 普通肌

皮脂の分泌が過剰でなく過少でもなく、お肌がドライな状態でもないのであれば、普通肌になります。
しっとり感や皮脂のバランスに優れた状態で、うるおい感、なめらか、ハリ、弾力性、血色が整った肌となっています。ノーマル肌というようにもいわれるこの肌質というのは、肌質の中においてもやはり理想的なタイプです。

肌質を変えるにはどうしたらいいの?

バランスのとれた食べ物を摂って、個々の栄養がかたよることなくまかなうおかげで皮脂は適正な量が分泌されることになります。
肌は28日周期で新たなお肌に生まれ変わるので、生活習慣を改善し、正常に戻すのみで肌質を変化できるのです。

ストレス・睡眠が足りない状況をクリアする事で凄くて肌質に変化がもたらされます。新陳代謝が正常化され、免疫力がアップしてベストな肌質へと整えます。