顏の産毛ってメイクのときもなんか化粧のりが悪くなるし、生えているメリットってあまりないですよね。顏の産毛処理のメリットやデメリットと処理する時のポイントを紹介します。

顏の産毛はなせ生えているの?

産毛は大気中のほこりとかごみといった不衛生なものからお肌の表層をプロテクトする働きがあります。産毛はカサつきや雑菌などお肌に良くないストレスからも保護してくれているというわけです。
産毛はバリア機能を果た行って素肌を保護する仕事を行っています。

顏の産毛を処理するメリットとは

産毛が伸びているとお肌膨張して産毛がない周辺と産毛があまり多くない周辺で凸凹が生じてメイクアップがお肌に吸着しにくくなりかねません。産毛1本は細長く色味もない訳ですが、産毛が集中することから全体的に明るくないくすんだ印象を招いてしまいます。
産毛を処理するのみで素肌の明るさや透き通る感じが高くなります。産毛を処理すると肌の表面がスッキリしてメイクアップのノリが改善するといわれています。
お肌がワントーン良くなると、顔つきや感じも随分違ってきますし、純粋さも映し出されます。

産毛を処理すると、お肌にダイレクトに化粧水がしっくりくることは当然で、ニキビケアにもなるといったプラスの効果も生じます。
顔の産毛はシェービングしてしまった方が、気分的にもプラスの面になっていくのです。

顏の産毛を処理するデメリットとは

カミソリでお顔の産毛を処理すると、素肌の表層の角質層を削って落してしまうことになりお肌を痛めることになります。お肌がセンシティブなときはカミソリ負けなどによって肌がダメージを受ける心配がある。
顔脱毛すると体質によって、ムダ毛が太く変化する硬毛化と言われる症状が現れます。

光レーザーでお肌の新陳代謝が促され、お肌の深層に蓄積していたメラニンが表に現れてシミが現れたと考えることがあります。
顔の産毛をお手入れしたあとは柔らかい素肌が剥き出しとなるため潤いが無くなります。処理したあとはじっくりうるおい対策するのが必須です。

顏の産毛を自己処理するときのポイント

セルフケアをする場合に何よりもお手軽なやり方は、カミソリでしょう。シェービングする場合は、クリームとか泡で顔をたっぷり守り、角質を損傷しないようにした方が良いでしょう。
産毛処理の理想的のタイミングは入浴後、毛穴が開いて素肌が柔らかくなってきている時なので、衛生的にシェービングする事が可能です。
石鹸を付けて処理すると、お肌に不可欠な皮脂すらも奪われてしまって、角質もはがれがちになって、カサカサ肌の要因になります。

剃る時は、シェービングクリームや泡でお顔をきちんと守り、角質を損傷しないようにした方が良いでしょう。
何回も繰り返しシェービングをすると産毛と共に欠かせない角質がはがれてしまい、肌トラブルや赤みを発生させてしまうため、3週間に一度程度のペースで処理した方が良いでしょう。

剃ったあとは普段以上にうるおい対策に注意して行うことが不可欠ですので、化粧水でお肌をきれいにして、シートマスクなどで水分を豊富に補充して、クリームとかでじっくり保湿してください。
生理中もしくは直前・すぐ後についても肌が極めて過敏の場合ことを考えて、自粛した方がいいでしょう。カミソリは錆びたりしてない衛生的な物を使用してください。