コラーゲンが肌にいいってよく聞くけど、どうすればコラーゲンの効果を引出せるのかは、あまり知られていないと思います。
コラーゲンを飲んだり塗ったりしても、そのまま効果が出るわけではありません。
コラーゲンが、肌の与える効果を最大限引き出す方法を紹介します。

コラーゲンと肌の関係とは

コラーゲンについてはお肌ばかりか、人々のカラダの大半の部分に備わっていて、重要な活動を行っています。
カラダを作り上げるタンパク質の中で、おおよそ3分の1を占有するというのがコラーゲンです。
お肌は大きく分けて角層・表皮層・真皮層・皮下組織」の4層に分類され、その真皮はおおよそ70%がコラーゲンから作り上げられています。

表皮や腱などといった主なコラーゲンはI型、軟骨の主なコラーゲンはII型と言われているのです。

大切な作用を有するコラーゲンなのですが、老化によって減少してきていくのです。
活性酸素のせいでコラーゲンのクォリティが低下してくると、コラーゲン自身が固く変わってしまって、分解が通常通りに成し遂げられず、崩れ・違和感があるコラーゲンが増加することになります。
素肌がハリを失って、目元・口元が気になり始めたり、ハリが足りないことによりフェイスラインのお悩みが増加するのは言ってみればそれが原因です。
コラーゲンが少なくなると素肌のハリはなくなって、たるみの原因になっていくのです。

コラーゲンを増やす方法はあるの?

コラーゲンを食したり服用したりしたところで直接的にはお肌のコラーゲンとしてはならないのです。コラーゲンはタンパク質なので、摂取するとアミノ酸に分解されるのです。
コラーゲンは消化吸収されることで、臨機応変に、筋肉とか骨、脂肪などといった組織が構築されているのです。

どんなものをいくつ作り出すかについては、ホルモンとかが制御しており、コラーゲンを食べたからといって、女性ホルモンがなければお肌のコラーゲンが増加するというのは困難です。

素肌のコラーゲンを増加する効果が高いと科学的に発表されている成分は、ビタミンC、ナイアシン、レチノールの3つなのです。
コラーゲンを増加するには、生成時に酵素の作用を促すことからビタミンCが絶対要求されるものなのです。
こういった成分は、真皮まで浸透してコラーゲンの由来である繊維芽細胞の作用を活性化させて、コラーゲンが生み出されるのを加速させます。

コラーゲン化粧品の効果

よく知られているコラーゲン配合の化粧品については、真皮層や角質までコラーゲンが浸透することはないのです。効き目があると思えるとしたら、コラーゲンが素肌の表面に残って潤いを維持しているからだと言えます。

低分子コラーゲン配合のコスメは、角質層まで浸透する事が考えられるため、お肌内側においての潤い効果も見られます。
コラーゲンは角層の保湿をきちんと保有して、みずみずしさや弾力感をもたらしてくれるありがたい成分というわけです。