ムダ毛を毎日カミソリとかで処理してると、ブツブツが出来てくることありますよね。
ブツブツが治るまで、ムダ毛の自己処理をやめるわけにもいかないし、ワックスとか使うともっとひどくなりそうって時はどうしたらいいんだろうって思いました。
脱毛サロンとかで、脱毛しちゃえばいいのかもしれないけど、金額を考えるとちょっと迷うので、ブツブツが出来る原因や対処方法などを調べれみました。

ムダ毛に自己処理でブツブツができる原因

毛抜きでのムダ毛処理は、お肌や毛穴に対しての負担が特に大きくなるのです。
毛抜きでワキの毛を強引に引き抜いたりしたら、毛穴や周辺のお肌がダメージを受けることで毛穴が埋められてしまうケースがあります。
強引に毛を抜く手入れを重ねていると、毛穴に雑菌が入ってニキビと同じ様に炎症を引き起こしてしまうケースもあるんです。

カミソリを利用してムダ毛を処理していけば、ある程度お肌に傷が付いてしまうことになるのです。
毛嚢炎は別の言い方をすればカミソリ負けした状況です。
表面上のうるおい感まで削ぎ落とし、深剃りとなっているとすれば毛抜きと一緒で「埋没毛」を引き起こします。
お肌が傷付いた場所から細菌が入ってくることから炎症が発症して「毛包炎」といった赤いブツブツができるんです。

ブツブツができてしまったときにすること

埋没毛が元で黒いブツブツになってしまっている場合は、ひとまず自己処理を控えることです。
ブツブツは、毛抜きなどあなた自身に合わないムダ毛処理をずっと継続した結果、因るものが多いので、回復するには毛を抜く事を控えることだけで良くなっていく傾向もあるのです。
ダメージを少なくするということは、ブツブツをスピーディーに治すことになります。
自己処理が肌に合わないようなら処理方法を変更してみたほうが治癒につながります。
カミソリでの自己処理を絶対に繰り返すなら、ボディーソープではなくシェービングクリームを利用するようにしてください。

ブツブツにならないムダ毛の処理方法ってあるの?

ブツブツの予防には、ムダ毛の自己処理を適切な形ですることが重要です。
カミソリで剃るとしたら、石鹸やボディソープじゃなくて、シェービングクリームなどを使って毛の流れに沿い毛を剃り、カミソリの刃は一定間隔で取り替えましょう。
無茶な逆剃りは、よけいな角質まで削ぎ落としてしまいますから刺激を与えないよう意識することが大事です。
ムダ毛処理後は色素沈着を防ぐうえでもお肌にマッチした化粧水や美容液、クリームを使ってきちんと保湿を行ってうるおい感を与えることが重要です。

肌にふたんを掛けないで、ムダ毛を自己処理できるのは、電気シェーバーです。
ブツブツがある間は、なるべくカミソリは使わず、電気シェーバーで自己処理しましょう。
ただ、やっぱり一番いいのは、エステサロンやクリニックで脱毛を受けて、肌の負担を無くす方がいいです。